検索キーワード履歴

    セキュリティチップ・認証チップ

    セキュリティチップとは?


    セキュリティチップ・認証チップは、セキュリティに関する機能を搭載したチップです。TPMやフリッツチップ(Fritz Chip)とも呼ばれます。TPMチップは物理的に取り出しても外部からは読み出せないように設計され、暗号鍵や認証情報、電子証明書などの重要な情報を保護する機能があります。


    セキュリティチップの仕組み


    セキュリティチップはパソコンやスマホなどのハードウェアによく搭載されています。多くの場合は、基板上に直接取り付けられています。セキュリティチップを組み込むことで、高度なセキュリティレベルを実現できます。


    セキュリティチップの必要性


    • 不正アクセスを防止 - セキュリティチップはストレージ内のデータ情報を暗号化し、不正アクセスを防止することができます。スパイウェアなどを使っても、セキュリティチップ内から情報を盗むことは極めて困難です;

    • 暗号鍵を守る - 暗号鍵はセキュリティチップ内に保存されることで、ハードディスクを物理的に奪っても鍵を取り出せないため、暗号化データを復元できません。また、ユーザーごとに暗号鍵を生成できるので、データを安全に管理できます;

    • データの改ざんを検知 - セキュリティチップには改ざん検知機能を備わっています。データの改ざんを検出すると、パソコンやハードウェアを起動不可の状態に切り替え、第三者はそれ以上手を出せません。個人認証データ、OSへのログイン情報などの保護を提供します。
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数