検索キーワード履歴
    LIS2DH12TR

    モーションセンサIC

    モーションセンサは、設置場所周辺における動きを検出するためのセンサで、 この機能のために、1つ又は複数の技術が採用されています。このセンサは、セキュリティシステムで使用されることが多く、特定の場所で動くものを検出すると、コントロールパネルに信号を送信してユーザーに警告します。

    さまざまなタイプのモーションセンサがありますが、機能させるためには適切な集積回路が必要です。 RSでは、動きを検出するためのセンサICを各種取り揃えています。たとえば、加速度計センサ、 ホール効果センサ、 傾斜センサ、位置センサなどがあります。

    モーションセンサ技術

    モーションセンサには、さまざまな技術が採用されています。最も一般的な例として、次のようなものがあります。

    • PIR (受動型赤外線)モーションセンサ - このタイプの技術では、熱エネルギー又は赤外線エネルギーを識別します。
    • マイクロ波 - このタイプの技術では、MW信号を送信することで、動体の反射を測定できます。
    • 領域反射型 - LEDから赤外線を放射する 領域反射技術により、物体から人までの距離を測定できます。
    • 超音波 - 超音波のパルスを送出することで、動体の反射を測定できます。

    モーションセンサが最も一般的に使用される用途

    モーションセンサを使用できる一般的な用途には、次のようなものがあります。

    • 侵入者アラーム
    • 自動チケットゲート
    • 入口の照明
    • セキュリティ照明
    • 自動トイレ洗浄 / ハンドドライヤー
    • 自動ドア
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    人気検索キーワード