検索キーワード履歴

    圧力センサIC

    圧力センサは一般に、特定のガスや液体の圧力を測定する際に使用されるデバイスです。IC (集積回路)とは、1つの小さく平らな半導体材料にチップを形成して、電子機器でよく使用されているデバイスのことです。RSコンポーネンツでは、 主に3種類の圧力センサICを扱っており、絶対圧力IC、 差圧センサIC、ゲージセンサICを取り揃えています。

    絶対圧力センサIC

    絶対圧力センサICは、圧力の測定に役立つ集積回路センサチップです。通常は、大気圧に対する圧力であるゲージ圧を取り上げています。この圧力センサは、完全な真空を基準とした圧力を測定するもので、通常は、気圧の変化の測定に使用されます。気圧は、大気圧とも呼ばれています。圧力の読み取りタイプは絶対値です。

    差圧センサIC

    差圧とは、測定された2つの圧力の差のことです。ゲージや絶対値とは異なり、 差圧は基準が固定されません。圧力は、2つのポイントのいずれかで増減することがあります。

    ゲージセンサIC

    ハイレンジ圧力ゲージセンサは、大気圧に圧力がかかった場合にソース間の圧力差を測定します。タイヤ空気圧ゲージはこのタイプの圧力センサの好例で、便利に使用されています。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数