型番

ケーブル探知機 / ヒューズファインダ

ケーブル検出器(ケーブルトレーサとも呼ばれます)は、壁や絶縁を損傷することなく、壁又は床のケーブルとワイヤを検出できる装置です。 また、トレーサは配線の短絡や断線の検出にも使用できます。 信号とレシーバで構成され、この信号は銅製のパイプ又はワイヤを介して転送され、レシーバによってピックアップできる電気信号を送信します。

床下暖房システムなどの用途に最適なほか、 掘削前の埋設ユーティリティの位置確認、 電話回線と通信回線の位置確認にも適しています。 電気ソケットの設置準備をしているが、安全に取り付けられることを確認する場合は、 ケーブル検出器を使用すると、パイプやケーブルが存在する場所を安全にテストできます。

ケーブル検出器を使用するテクノロジーは 3 つあります。

  • トーントレース –ライブケーブルでのみ実行できます。 トーンジェネレータを使用してケーブルの一方の端から電気信号を発し、ケーブルトレーサを使用して信号をトレースします。 これまではアナログでしたが、 しかし、最近では、デジタルまたは非対称のトーントレーサが市場に登場しています。
  • 導通テスト –ネットワークケーブルを見つけてラベル付けするのに最適な方法です。 一度に最大 20 本のケーブルに対応できます。
  • ハブ点滅 –探しているケーブルがライブネットワークに接続されている場合にのみ機能します。 ハブ点滅を見つけると点滅します。

ケーブル回避ツールの購入先に RS Components を選択する理由

RS コンポーネンツでは、お客様の期待に応えるケーブル追跡器およびケーブル検出器を豊富に取り揃えており、業界の一流ブランドのロケータや検出器を選択する際に、アドバイスをくれる専門家がいます。取扱ブランドには、 Fluke、 Beha Amprobe、 Made および Tempo などがあります。 すべての製品が翌日配送可能です。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数
人気検索キーワード