LCRメータ

LCRメータは、電子部品のインダクタンス(L)、静電容量(C)、抵抗(R)を測定するために使用される電子テスト機器です。

導体を流れる電流が変化すると、対応する変化がその導体の電圧とその周囲の導体で誘導されます。このプロパティは、インダクタンスと呼ばれています。電荷を保存する人体又は導体の能力は、静電容量と呼ばれます。電流が導体を通過することで発生する反対の作用は、抵抗と呼ばれます。

ほとんどのLCRメータは、AC信号を使用してコンポーネントのインピーダンスを測定します。 LCRメータを使用する場合は、間違った設定では測定精度が低下する可能性があるため、正しい設定を使用していることを確認してください。アナログとデジタル両方のLCRメータが使用可能です。 アナログは安価で、デジタルタイプはより正確であると見られています。

LCRメータの使用

デジタルLCRメータは、被試験装置(DUT)を流れるインピーダンスを測定するために使用されます。被試験装置の電圧(V)、被試験装置を流れる電流(I)、電流と電圧の間の位相角を測定します。その後、これらの3つの要素から、すべてのインピーダンスパラメータを決定できます。

このように、LCRメータは回路に関連する次のパラメータを測定します。

● インダクタンス
● 静電容量
● 抵抗
● 損失係数
● 品質係数
● 電流
● 電圧
● 電流と電圧の間の位相角
● コンダクタンス
● 電気感受率

LCRメータの種類

ハンドヘルドLCRメータ: 小型、軽量、ポータブル。複数のテスト周波数があり、キャプチャしたデータはUSBポートを介してPCに転送できます。通常、現場作業で使用されます。

ベンチトップ型LCRメータ: 大きく、かさばります。プログラム可能な周波数で動作可能で、コンピュータを介して制御できます。

LCRメータで使用される技術

ブリッジ方式: この方式は、100 kHz未満の周波数を測定するために使用します。

電流電圧によるLCR測定: この方式を使用するコンポーネントのLCR測定は、電流と電圧を測定することによって実行されます。次に、これらの2つの数量からインピーダンス値が求められます。

...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

1 件中 1 - 1 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) 最大容量測定 最大抵抗測定 最大インダクタンス測定 電池寿命 バッテリタイプ 最大テスト周波数 ベンチ/ハンドヘルド ディスプレイのタイプ 電源 寸法 重量 高さ 長さ 動作温度 Max
RS品番 123-8770
メーカーRS PRO
¥10,663.00
購入単位は1個
20000µF - - 100 h (マンガン電池)、200 h (アルカリ電池) 9 V - ハンドヘルド LCD 電池 87 x 39 x 185mm 290g 185mm 87mm +50°C