検索キーワード履歴

    騒音レベルメータ

    騒音レベルメータは、音響測定を行う携帯型の電子機器です。これらの製品は、周辺環境の騒音レベルを読み取り、通常はデシベル(dB)単位で測定値を表示します。騒音レベルメータは、デシベルメータ又は騒音計とも呼ばれます。

    ほとんどの騒音レベルメータは、デジタルディスプレイを内蔵しており、一部のメータには読み取り値を保存するためのメモリが内蔵されています。多くのモデルは、スマートフォンやタブレットに接続できるため、データを簡単に共有できます。一部のモデルは、データエクスポートのためにコンピュータに接続する必要があります。

    クラスI及びクラスIIの相違点

    騒音メータには、クラスIとクラスII (タイプI又はタイプIIとも呼ばれます)の2つのクラスがあります。騒音レベルメータには、国際規格に応じたI又はIIの分類があります。タイプI又はクラスIの騒音レベルメータは、非常に小さい騒音レベルを測定できるため、ラボなどで非常に精密な測定に使用します。クラスIIの騒音レベルメータは、通常、騒音の評価と測定のために職場で使用します。

    重み付けとは

    重み付けは、測定する周波数範囲を示します。1つの周波数範囲のみを測定する騒音レベルメータもあれば、すべて測定できる騒音レベルメータもあります。

    A周波数の場合、20 Hz → 20 kHzの範囲に対応します。ただし、人間の可聴周波数に近づけるために、スペクトルの下限と上限から騒音がカットされます。

    C周波数は、非常に高い騒音レベルを測定できますが、それでも人間の可聴周波数に対応します。

    Z周波数は、±1.5 dBで10 Hz → 20 kHzの全周波数範囲に対応します。

    騒音レベルメータをキャリブレーションする必要性

    騒音レベルメータをキャリブレーションすると、常に最も正確な測定値が表示されます。したがって、メータが最高の精度で期待どおりに機能していると信頼することができます。

    線量計とは

    騒音レベルメータは環境全体の騒音を測定し、線量計は騒音への個人的な暴露を測定します。線量計(又は騒音線量計)は通常、職場の個人に取り付けて騒音レベルを監視します。

    騒音レベルメータを使用する理由

    騒音レベルメータは、環境内の騒音レベルを測定します。騒音レベルが高いと、聴覚に障害が発生したり、聴覚を失ったりします。また、健康を害するおそれがあります。騒音レベルメータから読み取った値を検討し、適切な対策(機械の速度を下げて過剰な騒音を最小限に抑えるなど)を施し、適切なPPE (個人用保護具)を支給することで、確実にリスクを最小限に抑えることができます。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数