検索キーワード履歴

    RFパワーディバイダ

    RFパワーディバイダは、信号の合成と分配を行います。内部に抵抗が組み込まれた3ポートの部品です。


    ディバイダは3個の抵抗から構成されており、比測定が行えるように高周波信号をポート間で等分割します。


    また、ディバイダは逆方向に接続することによりコンバイナ(合成器)として使用することが出来ます。


    例えばRFアンプの2信号特性を測定するときは、2台のシグナルジェネレータを使用し、ディバイダで信号を合成(加算)したものをアンプに加えます。パワーディバイダには16.7Ωの抵抗が3個入っており、各ポートから見た条件は同じです。ポート間での信号損失は6dBとなっています。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数