型番

水分計

水分計又はダンプメータは、木材、コンクリート、レンガ、石膏ボードなど、さまざまな建築資材の水分レベルを測定するために設計されたポータブル機器です。


水分計が必要な理由


水分又は水による損傷を早期に検知することが重要です。水分計は、いずれも修理に費用がかかり、健康と安全に悪影響を及ぼす可能性がある、カビの成長や構造的損傷の予防に役立ちます。


水分計には、ピンタイプとピンレスタイプの2つの主なカテゴリがあります。両方とも手持ちで、測定値を表示する画面が前面にあります。バックライト付きLCDディスプレイを搭載したデジタルタイプ、又はニードルスケールを使用したアナログタイプが利用できます。動作の方法がわずかに異なるため、実際の作業に最適な水分計の選択は、用途や環境により異なります。


ピンタイプ


ピンタイプの水分計は、2点間の電気抵抗量を測定することで動作します。ピンタイプの水分計には、デバイス上部に1対の鋭い金属製のピンがあります。この金属ピンを材料に挿入すると、2つのスパイクの間に少量の電流が流れます。よく知られているように、水や水分は優れた導体なので、水分含量が高いほど抵抗値が下がります。この測定値は、物質内に存在するMC (水分含量)の割合に変換されます。


ピンレスタイプ


ピンレス水分計は、物質内に存在する水分によって波形がどのように影響を受けているかを検知することで動作します。非破壊メータは、平らな面に最適です。工夫された内部回路により、デバイス背面にある感知領域から送り出される信号を生成します。信号は電磁波の形で放出されます。水分含有量では、水分含有量の読み取り値が得られるように、拡張可能な形式に変換することができます。


用途


  • 特性と構造

建物の検査官は、水分の蓄積により構造や建物に損傷を与える可能性がある、石膏の背後に隠れているホットスポットを特定するためにダンプメータを使用します。


  • 床板の請負業者

スクリード、コンクリート、又は木の床を敷設するための最適な条件を決定することができます。材料の水分含有量と室内の相対湿度は、慎重に検討する必要があります。そうしない場合、ひずみ、亀裂、座屈などの問題が発生する可能性があります。


  • 家具メーカーと木工

木材は本来水分の含有量が多いため、自然乾燥後又は窯で乾燥した後、水分計を使用して水分含有量を検知し、作業に使用できるだけ十分に乾燥していることを確認します。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数