型番

ガラス 温度 計

ガラス温度計では、さまざまな用途のための簡単な接触式の温度読み取りが可能になります。ガラス温度計は、デジタル温度計の汎用性には欠けますが、動作に電源システムが不要で、いつでも使用できる利点があります。



RSコンポーネンツの液体封入ガラス温度計シリーズでは、主要ブランドの精密モデルを取り揃えています。用途に合わせて、壁面取り付け型温度計、冷凍庫用に最適化された温度計、浸漬に適した温度計を用意しています。



液体封入ガラス温度計の動作の仕組み



ガラス温度計には、温度に反応し、加熱されると膨張する物質が封入されています。液体が膨張すると、液面が上昇して異なる温度を示し、すばやく読み取ることができます。



用途



  • キッチン。食品の安全な調理には、食品の保管が不可欠です。そして食品の安全な保管には、冷蔵庫と冷凍庫が最適な温度で動作することが極めて重要です。また、オーブンが適切な温度であるかどうか、肉が完全に調理されているかどうかを確認するためにも使用できます。

  • 医療。臨床ガラス温度計は、患者の体温測定のために、医療環境で一般的に使用されます。これは、患者に熱があるかどうかを調べ、病気の兆候があるかどうかを確認できます。通常、正常範囲である36 → 38 °Cを体温が逸脱する場合、懸念の要因になる可能性があります。

  • 研究室。ガラス温度計は、実験の過程に不可欠な温度変化を測定する迅速かつ効果的な器具と見なされています。

  • 製造。ガラス温度計は、環境温度が正常に保つための正確な方法で、これは、温度に敏感な材料を取り扱う際には重要である可能性があります。これは、電子製造、又は特定の食品加工で典型的です。

  • 汎用及びガーデニング。液体封入ガラス温度計は、家庭や温室の温度を最適に保つための基準として一般的に使用されます。これは、植物の健康管理に不可欠です。

  • 安全衛生



    現代のほとんどのガラス温度計には非水銀ベースの液体が使用されており、万一温度計が割れた際にも中毒のリスクを低減しています。敏感な場所には、安心のためにアルコール液充填の、毒性がない充填材があります。

    積載

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    ページ
    1
    /
    0