検索キーワード履歴

    端子台付きボックス

    端子台付きボックスとは?


    端子台付きボックスとは、ボックスと端子台が一体になった端子ボックスです。


    端子台付きボックスの長所


    端子台とボックスが一体構造なので、端子台をボックスに取付る手間が省けます。作業が省力化され、現場作業の煩わしさがありません。省スペースにも貢献し、狭い場所や任意の場所に利用できます。また、一部の端子台付きボックスは防塵・防水構造を持っているので、水や切削油の飛沫がかかる場所でも使用できます。


    端子台付きボックスの種類


    メス-オスタイプとメス-メスタイプから選択できます。これらの用語は、両端のコネクタを指します。例えば、オスコネクタには、対象に差し込むことができる突出したピンがあります。これに対し、メスコネクタには、ピンを挿入する穴があります。メス-オスとメス-メスのどちらが必要かは、対象のコンポーネントによって異なります。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数