テスト端子

当社では、あらゆる測定及びテストニーズに使用できるさまざまなテスト端子をご用意しています。当社の幅広いテスト端子、テストプラグ、クリップ、プローブ、アダプタは、産業、科学、学習や指導などのさまざまな環境での用途に使用できます。

テスト端子の説明とその用途

テスト端子は、マルチメータテストリードオシロスコープなどの計測器と組み合わせて使用し、問題を効果的に検査及びテストできるようにするためのものです。多くの場合、回路内で使用されているケーブルなどのさまざまなコンポーネントに接続上の問題があるかどうか、システムや別のコンポーネントの故障ではないかを調べるために使用されます。品質管理の一環として、大量の製品在庫の中からテストアイテムを使用してテストを実施することもできます。電気系統をテストする際には、テスト端子も標準で使用され、さまざまな種類のコンポーネントが利用できます。品質管理のためのテストに加えて、開発側には大量のテストが組み込まれています。装置の安全性と耐久性を継続的にテストし、装置が電流、電圧、及び抵抗の要件を満たしていることを確認します。

当社で最も人気のあるテスト端子の分野は次のとおりです。

  • 4 mmのテストソケット - 積み重ねて互いに接続することで、テスト対象の複雑な回路を形成できます。電気技師の多くは1~6 mm のさまざまなサイズを常備していますが、電気技師がソケットを点検する際には、一般にこれらが使用されます。
  • 空圧又はスプリングテストプローブ - 強いスプリング力を備え、自動テスト用途に使用できます。
  • ワニ口クリップ - テストリードに簡単にクリップ留めし、電気部品に直接接続できるように設計されています。

当社のプラグとソケットを選択することで、業界及び国内のさまざまな用途でテスト端子の汎用性を高めることができます。