型番

テストリード

4 mmコネクタテストリードはテストリード線の先端に径4mmのピンを備えたコネクタです。バナナプラグ、ワニ口クリップなどは、組み合わせることにより接続が可能です。


テストリード線は、主にDMMやクランプメータの測定用として用いられています。4mmコネクタの構造は、先端が4mmのテストピン径でソケットやプラグなどから構成されています。


特長:


リード長は、10cmから2mまで選択ができます。


色は、多種があり、識別に使えます。


CAT IV 5000Vの製品を扱っています。


絶縁体は、PVCや熱可塑性樹脂などが揃っています。

積載

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
ページ
1
/
0