プライヤー

プライヤーは、何世紀にもわたって使用されてきたシンプルなハンドヘルド工具であり、つかむ、引っ張る、ねじる、剥ぎ取る、抜くなど、さまざまな操作(「プライ」)タスクに幅広く使用されています。プライヤーセットは、各部の中間点付近をリベット留めされた2個のスチール部品で構成され、わずかにオフセットされた「X」形を形成します。工具の一端は頑丈なグリップヘッドに鍛造され、もう一端はプライヤーのハンドルとして使用されます。

どのようなタイプのプライヤーが利用できますか?

現在、さまざまな大手ブランド名のもとで販売されているプライヤーには、さまざまな種類のプライヤーセットや多数のサブタイプのプライヤーがあります。高品質なサプライヤの一般的なプライヤーには、次のようなタイプがあります。

  • フラットノーズプライヤー - ワイヤなどの金属を曲げたりつかんだりするために使用できる一般的な工具です。
  • 丸ペンチ(ロザリオプライヤー及びチェーンノーズプライヤーを含む) - 宝飾品製造に使用され、丸型で先細のジョーを備えています。
  • ロングノーズプライヤー(別名スナイプノーズプライヤー又はニードルノーズプライヤー) - 長い先細のジョーを備えており、小さい物体をつかむのに最適です。
  • ロッキングプライヤー(別名モールグリップ) - 金属加工用に設計されています。
  • ワイヤツイストプライヤー - ワイヤをすばやくねじり、切断できる独自の設計を採用しています。
  • ウォータポンプ / スリップジョイントプライヤー(別名調整可能、アークジョイント、Channellock、溝形プライヤー、パイプスパナ) - 留め具及び固定具の保持及び回転に最適です。
  • コンビネーションプライヤー - 3 つの独立したエリアを持つ多目的工具で、ワイヤのグリップ、切断、絶縁被覆材の剥ぎ取りに使用できます。
  • やっとこ– 1点に力を加えるピボットグリップ工具です。
  • ニッパ - さまざまな素材を切断するために設計されています。切断時の仕上げに合わせて、傾斜ニッパなどさまざまなジョータイプを選択できます。

また、さまざまなプライヤーアクセサリや部品を購入して、既存のプライヤーキットを再調整又はアップグレードすることもできます。上記の各タイプのプライヤーセットには、特定の素材、コンポーネント、又は作業環境で使用するための独自の用途があります。

プライヤーはどのように使用しますか?

通常、ほとんどのプライヤーは、コンポーネント、留め具、ケーブルにトルクやせん断力を加えるために使用され、手だけで可能な力よりもはるかに確実で、信頼性の高いグリップが得られます。特定のプライヤーセットを使用する正確な方法は、対象のプライヤーのタイプによって大きく異なりますが、ほとんどすべてのプライヤーセットは同じ基本的な方法で操作します。多くの場合、プライヤーセットのハンドルを握って合わせると、回転させよう、又は切ろうとしているボルト、パイプ、又はワイヤをグリップ / カッティングヘッドが強く挟みます。