検索キーワード履歴

    アンプ

    パワーアンプは、HI-FIアンプとも呼ばれ、受信した低出力のオーディオ信号をはるかに強力なレベルで再現する電子機器です。例えば、マイク又は音源からの信号が、スピーカー、サウンドシステム、又はヘッドフォンを駆動するのに十分なレベルに増幅されます。また、パッシブスピーカーにも電源を供給できます。

    つまり、パワーアンプは信号のパワーを増幅し、入力信号よりも強力にします。また、パワーアンプでは、パッシブスピーカーに電源を供給することもできます。

    クラス:
    • クラスAパワーアンプは、全周期中に通電します。つまり、導通角度は360度です。このアンプは、信号歪みのレベルが低いため、最も単純で最も一般的な機器です。

    • クラスBパワーアンプは、クラスAとは異なり、各入力周期の半分のみで動作します。つまり、導通角度は180度です。簡単に言えば、このアンプは、入力周期の半分のみ増幅するということです。これでは使い物にならないように感じるかもしれませんが、実際にはまったく異なります。クラスBアンプは、正と負のトランジスタで構成されています。このトランジスタは交互に動作して、正と負の各サイクルを増幅します。最終的に、完全な出力サイクルが形成されます。

    • クラスABは両方のクラスの組み合わせで、導通角度は180度と360度の間の値になり、通常は270度になります。

    • クラスCパワーアンプは最も効率的ですが、動作サイクルと直線性は最も低くなくなります。大きなバイアスがかかり、入力サイクルの半分未満に留まります。導通角度は90度付近に設定されます。このようにして効率性が高くなりますが、出力信号の歪みが大きくなります。通常、クラスCアンプは、オーディオアンプとしては使用されません。効率が重要になる特定の無線周波数の用途で使用されます。

    • クラスDパワーアンプは、上記の4つのタイプと同種のものとみなされないことがあります。このアンプは線形ゲイン機器ではなく、2個のトランジスタがスイッチとして機能する非線形スイッチングアンプです。パルス幅変調、パルス密度変調又はそれに類似する変調により、アナログ入力信号をデジタル信号に変換してから増幅します。その結果、高効率と高ゲインによる周期的な出力が得られ、歪みが最小限に抑えられます。元々、このタイプのパワーアンプはモータの制御に使用されていましたが、現在ではオーディオパワーアンプとしても使用されています。
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数