型番
電子部品、電源、コネクタ
電気、制御部品、ケーブル
機械製品、工具
IT、テスト、安全機器

メモリソケット

メモリソケットは基板の一部で、 パーソナルコンピュータ、サーバー、及びワークステーション用に設計されています。 モジュールは、モジュールソケットを使用して基板に取り付けられます。DIMMは、コンピューティングで最もよく使用されているメモリ形式です。


DIMMとは


DIMMは、一連のダイナミック ランダムアクセスメモリ(RAM)集積回路で構成されるメモリモジュールです。両側に2つの独立した電気コンタクトと64ビットパスを備えています。


DIMMソケットの種類


DIMMソケットは、それが使用されるシステムのニーズに適合している必要があります。 ソケットの種類は、ピン数によって区別されます。これは、DDRからDDR4まで、DIMMがサポートしているRAMの種類によって変わります。 一般的に、 ピン又はコンタクト数が多いほど、 サポートされるRAMの種類の数字が大きくなります。たとえば、 240ピンDIMMは、DDR2 SDRAMに使用され、 288ピンDIMMは、DDR4 SDRAMに使用されるなどです。


DIMMソケットは、向きによって異なります。次のようなものがあります。


  • 角度付き
  • 横型
  • 縦型

SIMMとは


SIMM (シングルインラインメモリモジュール)ソケットは、メモリモジュールを基板に接続するコンピュータメモリ拡張ホルダです。このソケットには、システムボードに垂直又は所定の角度で接続する1列のピンがあります。 ソケットは基板にはんだ付けされていないため、抜挿が簡単です。


SIMMソケットには、メモリモジュールの誤挿入を防止するために極性があります。SIMMソケットのコンタクト(ピン)には、アンチオーバーストレス機能があり、高温に対する耐性があります。


SIMMソケットは、どのような用途に使用されますか?


SIMMソケットを使用する主なメリットは、省スペースとシンプルな取り付け機構です。 電子工作愛好家が使用する小型の基板設計に適しています。SIMMソケットはレガシーコンポーネントで、 主に古いモジュールコンピュータ、 基板、及びマザーボードで使用されます。


SIMMソケットの種類


SIMMソケットにはさまざまなサイズがあり、ピンスロットの数で区別されます。


  • 30ピンSIMMソケットは、標準ソケットよりも短く、レガシータイプのラップトップで使用できます。
  • 64ピン及び72ピンのSIMMソケットは、大型のメモリモジュールを保持できるため、デスクトップマザーボードで使用されます。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数