検索キーワード履歴

    RCCB

    RCCB (漏電遮断器)は、電気回路の保護に使用される安全装置で、感電や 感電死から人身を保護し、電気火災の防止にも役立ちます。

    RSコンポーネンツでは、ABB、 Schneider Electric、 Siemensなどの業界をリードするブランドの高性能RCCBを幅広く取り揃えています。

    RCCBの仕組み

    どのような回路でも、RCCBの入力電流と出力電流は等しくする必要があります。RCCBは、活線と中性線の間で電流値の違いを比較できます。機器が正常に機能している場合、活線で機器に入力されるすべての電流は、中性線で機器から出力されます。障害が発生した場合、電流はアース線に流れます。 アース線がない場合は、人体を流れる場合もあります。したがって、機器に入力される電流と出力される電流が不均等になります。 この差を残余電流といいます。

    MCBとRCCBの違い

    MCBとRCCBは回路保護機器で、非常に重要ですが、果たす役割も非常に異なります。MCBは過負荷電流と短絡から回路を保護し、 RCCBは漏電と感電からのみ回路を保護します。理想としては、 全般にわたって効果的な保護を維持できるように、これらの機器は個別にではなく、常に一緒に使用する必要があります。

    RCCBの種類

    RCCBは通常、DINレールに取り付けます。2、 3 、 又は4極のタイプがあります。電流定格、 トリップ感度、 トリップ特性などに違いがあります。これらの仕様はすべて、個々のニーズや用途に応じて慎重に検討する必要があります。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数