型番

ねじタップ

ねじ切りタップは、下穴にねじ山を形成し(タッピング)、 金属及びプラスチックのボルトで適正な継手を形成するためにエンジニアリングや製造業で使用されます。 ねじ切りタップはドリルのように動作しますが、タップが独自の形状であるため、 材料にねじ込むと、 ねじ山が形成されます。ねじ切りタップは、下穴があけられた状態で使用する必要があり、下穴なしでの穴あけには使用できません。


タップとダイスの違いは、タップは穴にねじ山を作ったりねじ山を修理し、ナットに最適です。ダイスは、スチールロッドなどの材料にねじ山を切り、継手のねじ取り付けを可能にします(ねじ山形成)。タップは、内側にねじ切りできる設計で、 固定具の穴やナットに使用するのに対して、 ダイスはボルトなどの外部ねじに 使用します。 つまり、 タッピングではセットのタップ部を使用して内側にねじ山を形成します。ねじ切りは、ダイスが外側にねじを切るためのプロセスです。


ねじ切りタップには、HSS(高速度鋼)タイプとカーバイドタイプがあり、手動又は機械で使用できます。RSコンポーネンツのねじ切りタップ製品では、あらゆる機械加工やプロセスに最適な工具を提供しており、あらゆる要件に対応できます。ねじ切りタップは、タップレンチ又は電動工具で使用でき、各種の用途に対応するためにさまざまなサイズが用意されています。


タップは機械工がさまざまな用途に合わせてさまざまな方法で使用できます。


  • テーパータップ(先タップともいいます)は、 新しいねじ山を切り始めるのに使用します。最初の7~10山は、シャフト上部の山よりも平坦な形状になっています。

  • プラグタップはテーパータップと似ていますが、切削部が最初の3 → 5山しかなく、ねじ山を切る部分が長くなっています。

  • ボトムタップは、直角形状で切削山部がなく、テーパータップ又はプラグタップを使用した後に使用します。全長にわたる切削形状により、穴の最下部までねじ山を切って、最大限のねじ山長さを得ることができます。

  • スパイラル溝タップ - 止まり穴用

  • スパイラルポイントタップ - 切りくずを前方に押し出し、 スルーホール用途に最適

  • ストレート溝タップ - 最も一般的で、 短い加工素材用に設計

  • タップの形成 - 切断ではなく圧縮してねじ山を形成

  • タップには、メートル系とインチ系のさまざまなシャンクタイプのものがあります。ねじ切りタップはタップレンチとともに使用するため、購入時にはレンチに取り付け可能な最大サイズを確認してください。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数
人気検索キーワード