型番

光学式ロータリエンコーダ

光学式ロータリーエンコーダは角度位置センサです。角度変位をデジタル形式に直接変換します。通常、光学式ロータリーエンコーダには、光源(LED)、センサ、可動式ディスクの3つのコンポーネントがあります。


光学式ロータリーエンコーダは、どのように機能しますか


光学式ロータリーエンコーダには、入力ドライバに機械的に接続されたシャフトがあります。このドライバは、ドライバに取り付けられたディスクを回転します。このディスクには、不透明なセグメントと透明なセグメントが連続的にマークされています。

赤外線発光ダイオードの光が回転ディスクの透明スリットを通過して赤外線受信機に到達すると、アナログ信号を生成します。この信号を電子的に増幅し、デジタル形式に変換します。次に、データプロセッサに伝送されます。


光学式ロータリーエンコーダの用途


光学式ロータリーエンコーダは、正確なデジタル信号を生成します。このため、画像解像度が重要な場合に適していて、オフィス機器(コンピュータのマウスやコピー機)や医療機器など、さまざまな用途に使用されています。

積載

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
ページ
1
/
0