型番

油圧減圧弁

圧力減圧弁は、 PRV又はレギュレータとも呼ばれ、 流体圧力を安定させて制御するために、 圧力を安全なレベルに下げるか、圧力を変動させる不安定な供給を調整します。油圧システムでは、 圧力減圧弁は、システムのブランチで低圧力を維持するために使用され、 下流の圧力を制御して、あらかじめ決められた圧力レベルで流体が流れるようにします。 RSコンポーネンツでは、 Bosch RexrothやParkerなど、業界のトップメーカーからの高品質の製品を取り揃えております。

圧力減圧弁の仕組み

圧力減圧弁は、開いた 双方向弁で構成され、システムの下流ブランチ内で希望の流体圧力を維持します。 これにより、常に安全で 適切な使用圧力が得られ、 装置及び機器の損傷を防止し、不安定な又は変動するソース圧を調整できます。

圧力減圧弁の用途

圧力減圧弁は、 家庭用及び商業用の給水から 特にホテルのような高層ビル、 マンションやオフィスビルなどの油圧機器及び油圧システムで使用されます。 また、同環境でヒーティングの要件を満たすためにガスの流量調整にも使用できます。 さらに、低圧での作業が必要な大型機械や装置にも使用され、 スムーズな操作を可能にし、高圧による損傷のリスクを排除します。

CETOP取り付けとは

CETOPとは、Comité Européen des Transmissions Oléohydrauliques et Pneumatiquesの略で、 欧州流体動力委員会です。CETOPは、ヨーロッパの流体動力のための通信プラットフォームです。 CETOP取り付けバルブは、モジュラ構造用の標準的な取り付けパターンを備え、CETOPパターンが同じである限り、 あらゆるメーカーのバルブが相互に互換性を持ちます。

Loading...

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
ページ
1
/
0