型番

空圧レギュレータ

空圧技術では、加圧したガスを使用して何らかの機械的動作を駆動します。空圧技術で最も一般的に使用されるガスは、乾燥空気です。湿気は圧縮特性が異なるため、空気は乾燥している必要があります。 空圧技術は油圧技術と非常によく似ていますが、 油圧技術では駆動に使用される流体は常に液体です。

空圧システムは、中央の空圧装置(空圧モータやコンプレッサなど)を使用して動作し、手動又は自動のソレノイドバルブを使用してシステムの周囲のエアフローを制御します。

空圧システムには多くのコンポーネントがあり、 例えばエア圧レギュレータ付き継手などが含まれます。さまざまなタイプの詳細については、当社の包括的なエア圧継手ガイドをご覧ください。

エア圧レギュレータの用途

エア圧レギュレータは、システム内の圧力を目的の範囲内に維持するために使用します。圧力が高すぎたり低すぎたりすると、継手が作動し、圧力過剰又は圧力不足にならないようにフローが調整されます。

エア圧レギュレータのタイプ

エア圧レギュレータには、さまざまな直径、 フィット、 グレード、圧力範囲のものがあります。

Loading...

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
ページ
1
/
0