型番

空圧サイレンサ

エア圧サイレンサーは、加圧空気を大気に安全に放出するために空圧システムで使用されます。マフラーとも呼ばれ、通常はバルブ、 マニホールド、 シリンダ、 コンプレッサ、継手と併用します。RSコンポーネンツでは、 Festo、 SMC、 Legris IMI Norgrenなどの主要メーカー、そしてもちろんRS PROの高品質のサイレンサーを取り揃えています。

エア圧サイレンサーが必要な理由

排気ポートから放出される空気は非常に強力で、環境や作業者に有害な騒音を発生させる可能性があります。さらに、 排出された空気は、動作中に混入物を含むことがあります。サイレンサーは、騒音を低減し、空圧システムを目詰まりさせる不要な混入物を除去するために使用できる、コスト効果の高いソリューションです。

エア圧サイレンサーの仕組み

サイレンサーは、空圧バルブと機器の排気ポートに直接取り付けます。広い表面積で放出された空気を拡散することで作用します。 これは、 乱流を軽減し、ノイズレベルを軽減します。

エア圧サイレンサーのタイプ

サイレンサーの最も一般的な2つのタイプは円錐形又はフラットです。どちらの設計にも、さまざまな定格動作圧力及び定格温度、 接続タイプ、ハウジング材質(金属とプラスチックの両方)が揃っています。用途によって、選択するサイレンサーのタイプが変わります。

ハウジング材質

サイレンサーのハウジング材質は、選択する際に慎重に検討する必要があり、 用途と環境がこの選択を左右します。さまざまなハウジング材質がありますが、 最も一般的なものは焼結黄銅、 焼結青銅及びステンレススチールです。

接続タイプ

ほとんどのエア圧サイレンサーはねじ式のオス接続ですが、 その代わりに プッシュイン式のホース接続が可能です。ねじ規格には、BSP (英国規格管)があり、これはBSPP (平行又はG )又はBSPT (テーパー又はR)です。その他のねじタイプはNPT (米国管用ねじ)又はメートル系の M3、 M5、 M7です。

Loading...

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
ページ
1
/
0