型番

バキュームレギュレータ

真空レギュレータは、出力段で流体の圧力を最適な値まで低下させる制御弁の一種です。このことは、バルブを開閉してエアフローを制御することによって行われます。主な目的は、絶対動作圧力の増大又は真空レベルの低減です。 

 

真空レギュレータは何に使用しますか?

空圧清浄機器は、圧力制御システムを適切な動作状態に保つために不可欠です。 

 

そのため、真空レギュレータを使用して、操作員がシステム内の空気の量を制御できるようにし、エアフローを制御して、一定の出力圧力を保ちます。レギュレータには、油圧システムが正しく動作するために必要な圧力範囲に応じて、単方向のものと多方向のものとがあります。

 

真空レギュレータの種類

片面接続及び電気真空レギュレータが、最も一般的に使用されます。


片面接続レギュレータは、真空ポンプとサクションカップの間に設置され、真空ラインの圧力を制御します。 

 

電気真空レギュレータは、電気信号に比例して空気圧を無段階に制御し、出力圧力が入力信号に比例するようにします。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数