型番
電子部品、電源、コネクタ
電気、制御部品、ケーブル
機械製品、工具
IT、テスト、安全機器

ホールソー / コアドリルビット

ホールソーとコアドリルビットは、標準的なドリルビットよりも大きい穴を開けるのに最適です。 除去が必要な材料が少ないため、多くの用途で使用され、より迅速に処理されます。


パイロットドリルは、ねじを挿入する前、またはホールソーを使用するときに必要です。 パイロット穴を作成すると、ねじ込んでいるときに木材が裂けるのを防ぐことができます。 このパイロットドリルは、ホールソー付きのアーバーとしても使用できます。 これは、プロジェクトの問題を排除するための優れた方法です。


アーバーまたはマンドリルは、ホールソーや電動ドリルとともに使用するアタッチメントで金属、 プラスチックおよび木材に穴を開けるためのものです。 アーバーは次の 3 つのセクションで構成されています。


アーバーは、ホールソーを電動ドリルに一時的に固定して、円形穴を金属、 プラスチックまたは木に開けます。 アーバーシャフトは、電動ドリルのチャックに固定します。 ホールソーは、ホールソーの背面中央にある小さな穴をアーバーに取り付けます。 ソーは、ホールソーの背面にあるねじを中央カラーの下のねじ部にねじ止めして、アーバーに固定します。


ホールソーはホールカッターともいいます。 これはリング状ののこぎりのブレードで、周囲の物を損傷することなく、加工物に穴を開けることができます。 標準的なドリルサイズよりも大きな穴をあける必要がある場合に最適です。


ホールソーセットには、さまざまなサイズのホールソーがあり、ピース数もさまざまです。 また、さまざまな素材用のホールソーもあります。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数