検索キーワード履歴

    旋盤チャック・センター

    旋盤チャック・センターは、旋盤に取付けて、加工物を固定する道具です。旋盤は、金属加工やろくろ加工などで、加工物を回転させるために使用します。 チャック・センターは旋盤工具の部品で、加工物を所定の位置に保持しれます。その先端は通常円錐となっており回転する加工物を支えます。


    旋盤チャック・センターの種類:



    • レースセンター:円錐先端とシャンク部分が一体で剛性が高く精度に優れています。先端には超硬合金が埋め込まれるが加工物との滑り摩擦があるため高速回転には適しません。

    • 回転センター:シャンクに対し円錐先端部分が転がり軸受を介して取り付けられ、高速・高荷重に耐えられるがレースセンタに対し剛性は劣ります。

    • ドライブセンター:加工物の両端をセンタで支える場合に主軸側に取り付け、ワークを回転させます。固定センタに加えて加工物の端面に食い込む爪を有し、その爪によって回転力を伝えます。
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数