型番

差動アンプ

差動アンプは、2つの入力電圧の差を増幅する電子アンプの一種です。差動アンプには、2つの入力に共通の電圧を抑制する働きもあります。デジタルアンプは、集積回路内で最もよく使用されている重要なコンポーネントの1つです。

差動アンプ入力

  • 1つは反転
  • 1つは非反転

差動アンプを使用する理由

差動アンプは、平衡差動信号を増幅するために使用されます。平衡差動信号は、電気的ノイズの多い環境で小さな信号を伝達するために使用されます。信号線は互いに近接配置されるかまとめて配線され、ほとんどの誘導ノイズは「コモンモード」で 同じように両方のワイヤに影響を与えます。

差動アンプの用途

差動アンプの主な用途は、両方の電圧入力に存在するノイズと電圧を除去することです。このノイズは、コモンモードの変動電圧に存在します。差動アンプは、負のフィードバックを利用する回路で使用され、 モータや信号増幅を制御します。

さまざまな電子機器で差動アンプを使用

  • FM/AMラジオの信号回復
  • オーディオ用プリアンプ
  • マイク用プリアンプ
  • テレビの信号回復
  • D/Aコンバータ

差動アンプは、いずれかの入力をアースすることで、シングルエンドアンプとして動作するように設定できます。

最新の差動アンプは、通常単一のマイクロチップに搭載されています。マイクロチップの内部で 正と負の信号が追加され、1つの出力になります。

CMRR及びPSRRとは

CMRR – コモンモード除去比
PSSR – 電源電圧変動除去比

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数