型番

可変ゲインアンプ

電圧制御アンプ(可変ゲインアンプとも呼ばれます)は、2つのポート(入力と出力)で構成される電子機器です。制御電圧に応じてゲインを変更できます。ゲインとは、制御電圧を供給する電源から信号にエネルギーを追加することによって、入力ポートと出力ポートの間の信号強度を増加させる能力を意味します。




電圧制御アンプは、どのような用途に使用されますか?


電圧制御アンプは、オーディオレベル圧縮、オーディオ合成、振幅変調などの多くの用途で使用されます。

  • オーディオレベル圧縮は、大きな音を減らし、よりソフトなサウンドを増幅するプロセスです。これは、音声録音に使用される専門の装置及びライブブロードキャストで行われます。

  • 合成は、電気信号がオーディオサウンドに変換される電子楽器で行われます。

  • 振幅変調には、遠くまで低周波無線信号を伝送するために使用される安定したキャリア信号が必要です。電圧制御アンプは、AMラジオ及び大容量ブロードキャストデバイスで、このような目的で使用されます。

電圧制御アンプの種類


電圧制御アンプには、さまざまなサイズ、ピン数、及び最大電圧があります。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数