検索キーワード履歴

    UART

    UARTとは?


    UART(ユーアート)は、Universal Asynchronous Receiver/Transmitter(ユニバーサル非同期レシーバ / トランスミッタ)の頭文字をとった用語で、非同期(調歩同期)のシリアル信号をパラレル信号に変換したり、その逆方向の変換を行うための集積回路です。直訳すると「汎用非同期送受信回路」です。また、UARTに同期方式のシリアル通信の機能を追加したものは、USART(Universal Synchronous Asynchronous Receiver Transmitter)と呼ばれています。


    UARTの仕組みと通信方式


    UARTの仕組みは単純で、送信機と受信機の間の2本のラインのみを使用して双方向に送受信を行います。その両端は、グランドにも接続されます。UART内での通信方式には、単向通信(一方向のみにデータを伝送)、半二重通信(双方向で通信はできるが、送受信は同時に行えない)、全二重通信(送受信を同時に行える)の3つがあります。


    UARTのボーレート


    UARTにはクロック信号がないため、通信をする前にあらかじめ送受信するデバイス間で、ボーレート(通信速度)が決められます。一般的なボーレートは以下の通り/p>

    • 1200 bps

    • 2400 bps

    • 4800 bps

    • 9600 bps

    • 19200 bps

    • 38400 bps

    • 115200 bps

    UARTの通信規格


    UARTは、機器間の信号を定義する通信規格に対応しています。こうした規格には、RS-232、RS-422、RS-485などがあります。


    UARTの用途


    UARTはコンピュータなどが扱うデータをシリアル通信に適した信号に変換して送受信することができ、コンピュータと外部の機器を繋ぐシリアルポート、シリアルインターフェースの制御に多く用いられています。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数