型番

周波数マルチプライヤ・ドライバ

周波数マルチプライヤは、入力周波数の(通常は整数の)高調波を生成する電子回路です。たとえば、200 Hzの入力を400 Hzで出力するのに使用します。周波数マルチプライヤは、バンドパスフィルタを適用して、目的倍数の入力周波数のみを出力する前に、非線形回路を使用して、入力信号を著しく変形させます。周波数ディバイダは、入力周波数を低い値に分割するので、周波数マルチプライヤの逆の働きをします。


周波数マルチプライヤと周波数ディバイダは、デジタルとアナログの両方で利用されています。

周波数マルチプライヤの用途

周波数マルチプライヤを使用すると、低周波数の入力から高周波数の信号を生成するのが容易で、これが最も経済的な手段です。一般的な用途としては、周波数シンセサイザ、信号発生器、通信回路などがあります。


周波数ディバイダの用途

周波数ディバイダは、衛星通信、光ファイバ、ポイントツーマルチポイント無線通信など、高効率の運用には非常に高い周波数が必要な分野で使用されています。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数