型番

論理加算器

ロジックアダーは、コンピュータやプロセッサでバイナリ加算を実行するためのIC (集積回路)半導体デバイスです。

ロジックアダーとは

ロジックアダーは、プロセッサでテーブルのインデックスやアドレスを計算するために広く使用されています。このデバイスは、バイナリ加算の実行、桁上げと桁下げの対応、及び1ビットの2進数3つの加算を行います。

ロジックアダーの種類

ロジックアダーには、主に ハーフアダーとフルアダーの2種類があります。フルアダーは、3つの入力の合計を計算して値を伝達します。他のフルアダーと組み合わせることも、単独で動作させることもできます。ロジックアダーは、他のゲートやカスタムトランジスタレベル回路で構成し、さまざまな方法で実装できます。ハーフアダーは、個別の2進数値2つ (AとB)を加算し、2つの値 (合計と桁上げ)を出力します。

ロジックアダーの用途

ハーフアダーとフルアダーはいずれも、次のような幅広い用途に使用できます。

  • デジタル信号処理
  • 算術加算用のデジタル計算機
  • 算術加算用のマイクロコントローラ タイマ及びPC (プログラムカウンタ)
  • コンピュータALU (算術論理演算ユニット)。グラフィックベースのアプリケーションのCPU及びGPU向けに2進数の加算を行います。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数