検索キーワード履歴

    AC-DCコンバータ

    AC-DCコンバータはAC(交流電圧)をDC(直流電圧)に変換する機器です。一般的な家庭やオフィスには100Vや200VのAC電圧が供給されるが、電気製品に組み込まれているほとんどの電子回路は5Vや12VなどのDC電圧で動作します。そのため、交流電流を直流電流に変換するAC-DCコンバータが必要になります。

    AC-DCの変換方法

    AC電圧からDC電圧に変換する主な方法はトランス方式とスイッチング方式があります。用途に応じて適切な方式を選択する必要があります。

    • トランス方式は回路が簡単でノイズが少なく安価に作成できるというメリットがありますが、サイズが大きくなりまた発熱も大きいというデメリットもあります。
    • スイッチング方式は逆に回路が複雑になり、また原理上のスイッチングノイズが発生しますが、小型軽量化が可能で、発熱が少ないというメリットがあります。
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数