型番

力率補正

力率補正IC (集積回路)は、力率の低いデバイスを使用している電子回路の効率を向上させるためのデバイスです。力率は、入力電力の効率を表す値です。力率補正(PFC)は、この効率を向上させて電力品質を上げるためのものです。このデバイスは、モータや機械の非効率性を解消するためのコンデンサ又はインダクタを備えています。

力率の計算方法

力率は、有効電力から無効電力を引いた値です。有効電力とは、タスクを実行するために必要な電力です。無効電力は、使用されているが タスクには必要のない余剰電力です。目標は、力率がその効率の100 %、 又は1 pfになることです。力率は、有効電力(真の電力)を皮相電力で除算することで計算できます。無効電力は、真の電力に対して直角の関係になっています。

力率補正ICを使用する理由

力率補正を使用すると、多くの用途において財政面で役に立ちます。これは、消費電力の削減や、不要な無効電力の削減などを通じて実現されます。

PFCの用途

  • コンピュータ
  • 電源
  • 照明
  • 誘導溶接機
  • 電気モータ

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数