検索キーワード履歴

    PWM

    PWMは、Pulse Width Modulation (パルス幅変調)の略で、半導体を利用した電力を制御する方式の1つです。オンとオフの繰り返しスイッチングを行うことで、出力される電力の制御を行います。

    PWMはパルス列のオンとオフの一定の周期のもとに、一定電圧の入力からオンの時間幅を変化させて電力を制御します。優れた制御性と高効率が特長で、インバーター回路で広く使われている技術です。

    PWMデバイスの種類

    • PWM電圧モードコントローラ - 制御電圧(Vc)とPWMランプ入力圧(Vramp)を印加することで動作します。
    • PWM電流モードコントローラ - インダクタ電流にフィードバックする2番目のループを追加して、PWMランプを形成します。
    • PWMスイッチングレギュレータ - 入力電圧をPWMコントローラからフィードバックして、出力電圧を一定に保ちます。

    PWMの用途

    • モータ
    • LED照明
    • ランプ
    • ヒーター / HVAC
    • 電気自動車
    • ロボット
    • 通信システム
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数