型番

マイクロプロセッサ

マイクロプロセッサ (別名CPU)は、 単一の集積回路(IC)形式のコンピュータプロセッサです。CPUは「中央処理装置」という意味で、コンピュータの頭脳であり、コンピュータプログラムの命令を発行します。マイクロプロセッサは、基本的にコンピュータのほとんどの機能 (Webの閲覧から ドキュメントの作成まで)を制御します。したがって、マイクロプロセッサはコンピューティングに不可欠なコンポーネントです。マイクロプロセッサICは、シングルチップでこの機能を提供する半導体デバイスで、従来型の半導体パッケージ (BGAパッケージ、QFNパッケージなど)に収められています。

マイクロプロセッサの動作

マイクロプロセッサは、算術演算と論理演算の両方を実行します。機器からバイナリ入力を受け取り、メモリに格納されている命令に基づいてデータを処理します。こうした命令は、キャッシュメモリに保存されます。

ワード長とは

コンピュータは、特定の命令セットによって制御され、 CPUがこうした命令を高速で実行します。データバス幅は、マイクロプロセッサが処理できるデータ量です。ワード長は、内部データバスにおけるビット数です。たとえば、 32ビットのマイクロプロセッサは、8ビットのマイクロプロセッサより高速にデータを処理できます。

クロック速度とは

クロック速度は、MHz又はGHzで表される値です。マイクロプロセッサが命令を実行する速度を指します。

マイクロプロセッサの用途

マイクロプロセッサは、組み込み制御を必要とする多くの用途で使用されています。主な用途:

  • パソコン
  • コンピュータ周辺機器
  • 家庭電化製品
  • 自動車

マイクロコントローラは、マイクロプロセッサの一種で、CPU、 メモリ、及びその他の入力と出力を備えています。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数