型番

プログラマブルロジック回路

プログラマブルアレイロジック(PAL)は、複合ロジック回路の実装に使用される半導体です。プログラマブルANDゲートアレイと固定ORゲートアレイを備えています。PALには、PROM (プログラマブル読み取り専用メモリ)と出力ロジックが搭載されています。PALは、PLD (プログラマブルロジックデバイス)の一種です。また、プログラマブルアレイが1つしかないため高速です。

特長と利点

通常、プログラマブルアレイロジックは、従来のプログラマブルロジックアレイ(PLA)よりも製造費用や購入費用が安価です。他のプログラマブルロジックデバイス(PLD)に比べて一般に効率が高く、 プログラマブルゲートが1つしかないため信頼性が高く、 消費電力は低く、安全性は高くなっています。

PALのプログラミングはPLAより簡単で、複数の言語でPALをプログラムできます。言語には、PALアセンブラ(PALASM)、 ABEL (Advanced Boolean Expression Language)、CUPL (Universal Programmable Logic)があります。PALのプログラミングはPLAプログラミングによく似ていますが、 ANDゲートアレイだけはPALでプログラムする必要がある点が異なります。

PALとPLAの違い

PLA (プログラマブルロジックアレイ)には、ANDゲートアレイとORゲートアレイの両方があり、どちらもプログラムできますが、 PALではプログラムできるのはANDアレイだけです。その他の相違点には、PLAの方が低速であること、 消費電力の効率が低いこと、大量生産に向かないことなどがあります。

主な用途

プログラマブルアレイロジック回路は、通常、FPGA (フィールドプログラマブルゲートアレイ)で使用されます。これにより、Xilinxなどのプログラムを使用してシステムのテストを高速化できます。PALがFPGA内に配置されているため、他の配置と比べて、非常に迅速にテストをコンパイルし、編集できます。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数