型番
電子部品、電源、コネクタ
電気、制御部品、ケーブル
機械製品、工具
IT、テスト、安全機器

プログラマブルロジックIC

プログラマブルロジックICは、再構成可能なデジタル回路を構築するための小型の電子部品です。プログラマブルロジックIC又はデバイスは、特定の機能がない状態で製造されますが、 集積回路(IC)はロジックゲートで構成され、特定の機能を備えています。RSコンポーネンツでは、Altera、 Microchip Technology、 Xilinx、Lattice Semiconductorなど、主要ブランドの高品質のデバイスを幅広く取り揃えています。

プログラマブルロジックデバイスの主な種類

CLPD (複合プログラマブルロジックデバイス) - 複雑な組み合わせ回路や順次回路の実装に使用されます。このデバイスは、ロジックアレイブロック、 プログラマブルインターコネクト及びI/Oブロックで構成されています。

FPGA (フィールドプログラマブルゲートアレイ) - 特定用途向けICのプロトタイプ作成に使用されます。このデバイスは、ロジックブロック、 プログラマブルスイッチマトリックス、 I/Oブロック及びインターコネクトで構成されています。

SPLD (シンプルプログラマブルロジックデバイス) - このコンポーネントは、最も小型かつシンプルなプログラマブルロジックデバイスです。SPLDは主に、 固定ロジックデバイス(FLD)とプログラマブルロジックデバイス(PLD)の2種類に分かれます。

プログラマブルロジック回路の用途

この汎用的な基板実装半導体デバイスは、さまざまな電子用途で使用されています。最も一般的な用途は、次のとおりです。

  • 同期
  • バスインターフェイス
  • デコーダ
  • カウンタ