ねじ タップ・ダイス

タップやダイスなどのねじ切り工具は、さまざまな形式で提供されており、それぞれが特定のシナリオで独自の強みを持っています。今日の市場で最もよく知られ、広く利用されているねじ切り工具は、タップとダイスです。これらは一般的に、ボルト、ロッド、チューブなどのさまざまな構成要素でねじ山を切ったり研いだりするために使用されます。

各種タップ及びダイ製品の用途は何ですか?

当社が提供する多数の種類のタップ、ダイス、ねじ切り工具には、特定の作業に対応する次の製品をご用意しています。

  • ダイナット及びダイナットセットは、ボルトの損傷したねじ山の清掃に使用されます。通常は炭素鋼又はHSS鋼でできており、一般的に産業、電気、自動車のワークショップで見られます。
  • ダイスハンドルはダイホルダーとも呼ばれ、チューブ、パイプ、ロッドなどのさまざまな金属物の切断やねじ切り(シーリング)に広く使用されています。ダイスハンドルは3本のねじで調整可能で、さまざまなサイズのダイス、ダイナット、カッターにしっかりと固定でき、これにより、新しいねじ山の作成や摩耗 / 損傷したねじ山の修理を簡単に行うことができます。
  • リコイルねじドライバは、スイッチボックス、コンジットボックス、フィッティング、及びフェイスプレートで使用する便利なソリューションです。便利な、人間工学に基づいた設計で、通常は精密なスチールタップと快適なソフトグリップハンドルが組み合わされており、あらゆる種類の電気接続ボックスでねじ山の清掃やなめたねじを抜くために簡単に使用できます。
  • ねじ付きインサートは、スプリングねじの形状に巻かれたステンレススチール製ワイヤコンポーネントで、さまざまな母材に強力で永久的な耐摩耗性のある代わりのねじ穴を切れるように設計されています。フリーランニングインサートでは標準のメスねじが利用でき、ロッキングインサートはメスねじのロック機能も得られます。
  • ねじ修理キットを使用すると、機械用ベッドからエンジンマニホールドまで、あらゆるものの摩耗したねじ山や破損したねじ山を修復でき、当社のフルセットには、古いねじ山のドリル加工から穴のタッピンフ、新しいねじ山のインサートまで、作業を一度に完了するために必要なすべての部品が含まれています。キットは、M2.5 → M20までのサイズのねじ山を修復するために利用できます。