型番

イーサネットカプラ

RJ (レジスタードジャック)アダプタは、レジスタードジャック接続のタイプ間の変換に使用されるデバイスです。RJ25モジュラージャックは、電気通信用途で使用される標準化された接続部です。

RJアダプタは、どのような用途に使用されますか?

RJアダプタは、アダプタの種類に応じて、幅広い用途に対応できます。

  • カプラは、2つの入力ポートを使用して、2つの異なるコネクタを結合します。
  • エクステンションによって、ケーブルを延ばすことで、伝送距離を延長できます。
  • アダプタによって、RJ45接続へのM12ケーブルの結合など、異なる接続部を適切に結合できます。

RJアダプタの種類

RJアダプタは、主にポートの数によって異なります。それらは、1~6個のポートがあり、最大6本のケーブルを接続できます。また、配線構成も異なる場合があり、変換する対象に応じて、フィードスルーコネクタからジャンクションボックス、コネクタに至るまでさまざまなコネクタがあります。それらは、シールド付きタイプとシールドなしのタイプがあります。

積載

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
ページ
1
/
0