検索キーワード履歴

    空圧シリンダセンサ

    リニアモーションを生成するために作成及び設計された、 当社のエアシリンダセンサは、クランプや位置決めなどの重要な産業処理用途に最適なソリューションです。また、これらのデバイスはピストンの直線位置を検出するように設計されており、 主に、位置のフィードバックが必要な用途で使用されます。

    磁気センサは、 正式にはリードセンサと呼ばれるもので、空圧シリンダと組み合わせて使用されている最も一般的な近接センサの 1 つで、 シリンダのピストンに組み込まれている磁石の磁界を検出します。 センサは通常、ピストンボディの外側に取り付けられており、 マグネットの近くにあるかないかのいずれかで、オン / オフを切り替えます。

    当社のエアシリンダセンサの多くはLEDインジケータを備えています。 用途に合わせて、ATEX認定を受けたものや、さまざまなサイズとポートが用意されています。

    空圧シリンダ及びアクチュエータの種類

    弊社製品範囲をご覧くいただくと、 RS ではさまざまなタイプをご用意していることがおわかりいただけます。

    • 弊社のセンサには、磁気抵抗器を備えたものもあります
    • ソリッドステート
    • トランスミッタ
    • 磁気ホール
    • フローティングコンタクト搭載
    • 電子PNP

    RSコンポーネンツは、世界有数の信頼性の高い市場をリードするブランドをご提供しており、 信頼性が高いエアシリンダセンサを簡単にお選びいただけます。Festo、 SMC、そしてもちろん信頼のおける当社のRS PROブランドからお選びください。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数