型番
TLV3201AIDCK

コンパレータ

コンパレータは、2つの電圧又は電流を受け入れ、出力を切り替えてどちらが大きいかを示す回路です。コンパレータは、アナログ-デジタルコンバータのようなコンポーネントで使用されています。コンパレータはオペアンプと似ていますが、コンパレータは、いずれかの電源レールで正のフィードバックと出力飽和で動作するように設計されている点が異なります。

コンパレータの動作

コンパレータは2本の入力ピンをサンプリングし、差があるか同じかを識別して出力をオンにします。

たとえば、反転ピンに負の電圧があり、非反転ピンに正の電圧がある場合です。非反転の電圧が反転電圧と等しい場合、ピンがオンになります。通常、出力ピンは開の状態で、コンパレータが作動すると接地に切り替わります。

コンパレータを使用する理由

コンパレータの主な用途は、アナログ-デジタル(ADC)の変換です。2つの供給電圧が印加され、その差によりデジタル信号のハイ / ローが判別されます。

コンパレータの種類

  • 電流感度
  • 差動 / デュアル差動
  • デュアル / デュアルCMOS
  • デュアル電圧 / 一般電圧
  • 汎用
  • グランドセンス
  • 高速 / 高速CMOS
  • 低電流CMOS
  • 低電力 / 低電圧 / 低電力CMOS
  • マイクロパワー
  • ナノパワー
  • 精度
  • プッシュ / プル出力
  • クワッド差動
  • レールツーレール
  • 電圧
  • ウィンドウ

取り付けタイプ

  • 表面実装
  • スルーホール

コンパレータの電源タイプ

  • デュアル
  • シングル

各種パッケージタイプ、 ピン、 サイズ、 チップあたりのチャンネル数、 PSRR (電源電圧変動除去比)、 CMRR (コモンモード除去比)の製品をすべて取り揃えています。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数
人気検索キーワード