検索キーワード履歴
    CY62167EV30LL

    SRAM

    SRAMは、Static Random Access Memory (静的ランダムアクセスメモリ)の略で、各ビットを格納するために双安定ラッチ回路(フリップフロップ)を使用する半導体メモリの一種です。電力が供給されている限り、データビットがメモリに保持されます。電源を切ると、データは保持されません。SRAMは、速度又は低消費電力を必要とする場合に使用されます。DRAMより密度が高く、 構造が複雑ではないため、コンピュータ内のワーキングメモリのように、大容量メモリを使用する半導体メモリ環境での使用に最適です。

    SRAMはDRAM (ダイナミックRAM: コンデンサとトランジスタで構成されるセルにビットを格納)とは異なります。 ダイナミックRAMでは定期的に更新しない限りデータが失われますが、SRAMでは定期的に更新する必要はありません。また、SRAMはDRAMより高速で高価です。

    SRAMは、コンピュータのキャッシュメモリに使用され、またビデオカードに搭載されているRAMデジタル-アナログコンバータの一部としても使用されています。SRAMの設計には、6つのトランジスタ(6Tメモリセル)を使用してコンデンサを使用しない一般的なCMOS技術プロセスが採用されています。トランジスタにはリークを抑えるための電力が不要なため、 SRAMは定期的に更新する必要がありません。

    特長

    • データは静的に保持 - データは半導体メモリに保持され、 メモリに電力が供給されている限り、データの読み取りに対して毎回の更新は不要
    • 3種類の動作状態 - 保留、 書き込み、読み取り
    • ストレージ用の双安定(クロス結合) INV
    • トランジスタMAL及びMARへのアクセス - 読み取り / 書き込み用に保存されたデータへのアクセス
    • ワードライン、 WL、 アクセス制御 – WL = 0 (保留操作)、 WL = 1 (読み取り / 書き込み操作)
    • 長いデータ寿命

    用途

    • コンピュータ
    • ワークステーション
    • ルータ
    • LCD画面やプリンタ
    • 電子機器
    • マイクロプロセッサ
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数