型番

SPLD

SPLDは、Simple Programmable Logic Device (シンプルプログラマブルロジックデバイス)の略です。PLD (プログラマブルロジックデバイス)ファミリに属するコンパクトな半導体ICです。このデバイスは通常、I/Oが少ししか必要ない用途で使用されます。SPLDは、市販品の中では最も単純で コスト効果の高いプログラマブルロジックデバイスです。RSコンポーネンツでは、Microchip Technologyをはじめとする主要ブランドの高品質な部品を幅広く取り揃えています。

SLPDデバイス構造

SPLD ICはシンプルな設計で、 ANDゲート、ORゲート、フリップフロップを備えたマクロセルを結合して構成されます。

SPLDとは

SPLDデバイスは、主に2種類のプログラマブルロジックデバイスに分類できます。 分類は、次のとおりです。

固定ロジックデバイス - デバイスの集積回路は永続的で、1つの関数 又は1セットの関数を実行できます。これらの関数は、製造時点で事前に設定されているため、変更できません。

プログラマブルロジックデバイス - 電子技術者により、何回でも必要なだけプログラムすることができます。IC内部の設計が柔軟なため、ロジックを変更しても、時間のかかる基板の再配線は必要ありません。

プログラマブルロジックの用途

SPLDは、さまざまな電気 / 電子プロトタイプ、 設計、テストの用途に使用されます。汎用チップは、一般に次のような機能に使用されています。

  • データ通信
  • 信号通信
  • コントローラ
  • データ表示

積載

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
ページ
1
/
0