近接センサIC

近接センサIC (集積回路)は、電子機器で使用されているチップです。物理的な接触がない状態で物体の有無を検出します。


近接センサICは、どのように機能しますか?

これのセンサは、通常、電磁界又はリターン信号の変化を検出できる電磁放射線(赤外線など)や電磁界を放射します。


物理的及び化学的特性が異なるため、対象ごとに異なるセンサが必要です。誘導形近接センサには金属製の対象が必要ですが、光電センサ又は静電容量形近接センサは、プラスチック製の対象に適している場合があります。


近接センサICは、どのような用途に使用されますか?

近接センサICは、一般的に、電話中に耳に近づけたとき又は写真撮影時に目に近づけたときにタッチスクリーンを無効にするために、スマートフォン、デジタルカメラ、タブレットなどの電子機器で使用されています。


近接センサICは、機械式スイッチを交換したり、振動監視におけるシャフトとベアリング間の距離の変動を測定したりするためにも使用されます。


...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

1 件中 1 - 1 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) センサータイプ 最大スイッチング周波数 出力電流 Max 出力電圧 Max センシング距離 スイッチングモード 出力タイプ 実装タイプ パッケージタイプ ピン数 最大供給電流 寸法 高さ 長さ
RS品番 128-8882
メーカー型番BD9251FV-E2
メーカーローム
¥172.40
購入単位は5個
焦電型赤外線センサ - 30 (Source) μA, 200 (Sink) μA 2.3 V - アナログ オープンドレイン 表面実装 SSOP-B 14 400 μA 5 x 4.4 x 1.05mm 1.05mm 5mm