検索キーワード履歴

    検相器

    位相回転テスターは、三相電源の電動機械の位相回転方向をチェックするのに便利な携帯型装置です。このテスターは、時計回りと反時計回りの両方のLED表示を備えています。モータ、ポンプ、空調ユニットの相順を確認するのに最適です。これは、検相器、相シーケンスメーター、相シーケンステスターとも呼ばれます。用途の1つとして、多相(三相)回路の相順が維持されているかどうかの検証があります。また、モータ及び発電機のテストにも使用されます。

    相回転テスターにより、電気工事業者や産業保守電気技術者は、モータに一時的に電源を接続してモータの回転方向を確認しなくても、取り付けるモータの端子を永続的に接続してテープで絶縁処理できます。これにより、特に大型の高電圧モータが多数ある場合など、時間とコストがかかり、危険を伴う一時的な接続を行う必要がなくなります。

    この検相器は、相順を明確に表示するとともにテスト対象の電源の欠相も示す、費用効果の高いメータです。

    損傷を避けるためにも、該当する較正、性能テスト、及びサービス情報に従ってください。

    主な特長:
    • ラインに接続する前に、単相、二相又は三相モータの回転方向を判断可能
    • モータ、ドライブ、電気システムへの給電が三相電源で行われる、あらゆる分野での相回転測定用に効果的なツール。
    • LCDディスプレイで三相システム及び相回転方向を明確に示し、正しい接続を判断可能。
    • 商用及び産業用途に最適
    • 頑丈で携帯性に優れたテスター

    相回転テスターは、3線すべての導通性の証明、又は故障状態の識別を行い、相回転のシーケンスを示します。摩耗したケーブルやマークされていないケーブルを識別する迅速かつ効果的な方法で、三相のコンセント及び機械が正しく配線されていることを確認できます。
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数