型番

抵抗計

抵抗計は、電気回路及びコンポーネントの電気抵抗及び導通の測定に使用されるメータで、さまざまなサイズ、 電圧とタイプがあり、 それぞれ異なるレベルの精度を備えています。 抵抗計(又は Ω メータ)には、 次の 3 つの主要な種類があります:マイクロオームメータ(低抵抗測定用)、 一般的な用途用の標準抵抗計、および M Ω 抵抗計(高抵抗測定用)。 どれもが、電気抵抗をオーム単位で測定します。 次のように、さまざまなタイプのメーターがあり、感度レベルが異なります:マイクロメータ、 メガオームメータおよびミリオームメータ。

抵抗計の主な用途

抵抗計は、電気抵抗の測定が必要な幅広い用途で使用されます。 抵抗計は、一般的に次の分野で使用されます。

  • ラボおよび研究環境
  • 製造
  • 家庭のトラブルシューティング

オームメータはどのように機能するか?

抵抗計は、サンプルに小さな電流を流すことで機能します。 電圧降下と物体のどれだけに対する耐性があり、電流が流れるようになっているかを測定でき、 抵抗値( Ω )を強調します。オームメータを使用する場合、正確な測定を維持することが重要で、 これはUKAS 標準への較正によって実行されるか、または RS Components では RSCAL サービス用の社内較正サービスを提供しています。

抵抗計購入先に RS Components を選択する理由

RS Components では、トップメーカーの抵抗計を幅広く取り揃えており、Megger、 Chauvin Arnoux とおよび当社独自の RS Pro ブランド製品などを用意しています。 当社の幅広い製品ラインアップは、高業界の規格に適合するように選択されています。 そのため、信頼性の高い堅牢なソリューションが保証されます。 RS Components では、お客様からの要望についてアドバイスを行ったり、社内較正サービスを提供したりするための技術アドバイザーを置いています。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数