Industrial Shields PLC (CPUユニット)ユニット M-Duino

データシート
その他
RoHSステータス: 適合
COO(原産国): ES
詳細情報

イーサネットPLC - シリーズM-Duino

M-Duinoは、オープンソースハードウェア(OSH)技術をベースとする接続可能なPLCです。
このPLCは、Arduino IDEプラットフォームを使用してプログラムできます。 各種のInput/Outputsユニットが用意されています。
コンピュータのUSBポートから直ちにPLCの全パラメータ、データ入力、出力のステータスを得ることができます。I2C接続を介したマスタスレーブ接続において、各作業をマスタ又はスレーブとして実行するように、すべてのコンポーネントを構成可能です。


M-Duino PLC
USBポート経由のプログラミング
プログラミング言語は「Arduino IDE」又は「Processing」
ハードウェアはArduino Megaで認識
安全産業通信
I2C通信で最大127のエレメントに接続
シリアルポートRS232 / RS485
イーサネットポート
12-24 V dc電源
DINレール取り付け

Industrial Shields PLC CPU

Industrial Shields の PLC には、 7 つの入力と 11 個のリレー出力 Modbus ネットワーキングコンピュータインターフェイス CPU が搭載されています。256 kB のプログラミング容量があります。 M-Duino は、オープンソースハードウェア( OSH )技術をベースにした接続可能な PLC です。このPLCは、Arduino IDEプラットフォームを使用してプログラムできます。
さまざまな入出力ユニットを用意しています。PLC のすべてのパラメータ、データ入力、出力の即時ステータスを、コンピュータの USB ポート経由で GET することができます。すべてのコンポーネントは、 I2C 経由のマスタ - スレーブ接続で Master 又はスレーブとして動作するように設定できます。

特長と利点

• USB ポート経由でプログラミング
• Arduino Leonardo でハードウェアを実現
•安全な産業用通信
•最大 127 のファンクションを接続する I2C 通信
•シリアルポートは RS232/RS485 です
•電源電圧範囲は 12V ~ 24VDC です
• DINレール取り付け
•動作温度範囲: 0 ° C ~ 45 ° C
•通信ポートの種類は、イーサネット、 I2C 、 RS232 、 RS485 、 SPI 、 TTL 、 USB です

用途

• 産業オートメーション
• ロボット
•自動車産業

認定

• ANSI/ESD S20.20 : 2014
• BS EN 61340-5-1 : 2007

産業用シールド - オープンソースPLC

仕様
特性
メーカーシリーズ M-Duino
入力数 6
入力タイプ アナログ、デジタル
電圧カテゴリ 12 → 24 V dc
出力タイプ アナログ、デジタル、リレー
出力数 11
ネットワークタイプ イーサネット、ModBus
通信ポートタイプ イーサネット、I2C、RS232、RS485、SPI、TTL、USB
プログラム容量 256 kB (8 kBはブートローダに使用)
プログラミングインターフェイス Computer
メモリ 256 kB (フラッシュ)、4 kB (EEPROM)、8 kB (SRAM)、8 kB (ブートローダに使用)
72.5mm
深さ 129mm
動作温度 Min 0°C
寸法 101 x 72.5 x 129 mm
通信ポート番号 7
長さ 101mm
使用されているプログラミング言語 Arduino IDE
取り付けタイプ DINレール
動作温度 Max +45°C
13 海外在庫あり - 通常4営業日でお届け
単価: 購入単位は1個
56,724.00
(税抜)
62,396.40
(税込)
単価
1 +
¥56,724.00