型番

レベルセンサ ・スイッチ

レベルセンサ・スイッチの種類


センサは通常、測定対象物質やセンサが使用される環境、センサの取り付け位置によって適切な製品を選択します。最も一般的なレベルセンサ・スイッチは以下のとおりです。


容量型レベルスイッチ


容量型レベルスイッチは、センサの取り付け位置に応じ、液面高さが満杯か空かという基本的な表示を行います。このタイプのスイッチは非接触スイッチで、感知フィールドを使用して液体レベルを測定します。容量型センサを使えば、重い残留物が堆積している場合でも正確なスイッチングが可能です。


振動式レベルスイッチ


振動式、高周波数振動を絶えず作り出す検出ロッド・フォークが使用されています。検出ロッドが媒体と接触すると振動が変化し、振動レベルスイッチが切り替えのコマンドを出力します。振動レベルスイッチは、液体及び粒状、粉末のバルク固体の過充填防止装置や低レベルのインジケータとして使用されます。


導電性レベルスイッチ


導電性レベルスイッチは、ステンレススチール製プローブを使用し電気接点出力で特定の液面高さを測定するセンサです。各プローブを設定及び監視するため、レベル制御リレーとあわせて使用します。池や貯水池、汚水槽、医薬品、密閉容器、オープンタンク等で使用されています。


超音波レベルセンサ


超音波レベルセンサは、液体媒体の表面で反射する超音波パルスを生成します。センサは超音波パルスの時間を計算し、液体の距離を判定して正確な充填レベルを決定します。超音波センサの反応は、乱流、圧力、湿気、温度の影響を受けます。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数