回路ブレーカ

当社では、電気システムの電力の分配、保護、制御、及び管理に使用する、高電圧、中電圧、低電圧の製品を取り揃えています。当社の回路ブレーカ製品には、住宅用MCBs、RCBOs、RCCBs、熱式車載用及び磁気回路ブレーカがあります。

回路ブレーカとは何ですか? 何に使用しますか?

回路ブレーカは1920年代に初めて開発されました。機能は、管ヒューズと同様に回路を過電流から保護することですが、トリップ後にリセットできるスイッチデバイスです。小型の電子機器から家庭用ブレーカボックスや変電所まで、あらゆる用途に使用できます。主な利点は、再使用可能で障害発生時に迅速に処置できる点です。そのため、多くの家庭にある故障防止スイッチなどの用途に最適です。

回路ブレーカはどのような仕組みで動作しますか?

回路ブレーカには多くの種類があり、それぞれ動作の仕組みが若干異なります。基本的に、過剰な電流が検出されると、回路を遮断するメカニズムが作動するように設計されています。

回路ブレーカの種類

回路ブレーカの設計は、作動に必要な電圧の量によって異なります。いくつかの異なる回路ブレーカ設計があり、そのほとんどは特定の用途向けに設計されています。以下に概要を示します。

  • 磁気回路ブレーカ - ソレノイド部品を使用してコンタクトを分離します。流体及び油圧機構を使用して、ソレノイドの動作を細かく制御する複雑な回路ブレーカです。
  • 熱磁気回路ブレーカ - 電磁石とバイメタルストリップを使用して、さまざまな種類の過電流状態にほぼ瞬時に反応します。
  • 残留電流回路ブレーカ(RCCBs) - 残留電流からの保護専用です。感電による傷害を防止します。英字で分類され、タイプAC、A、B、Sが最も一般的に使用されています。
  • 配線用遮断器(MCBs) - 過電流及び短絡からの保護専用です。この回路ブレーカもいくつかのタイプに分類され、タイプB、C、Dが最も一般的です。
  • 過負荷対応残留電流回路ブレーカ(RCBOs) - MCB及びRCCB回路ブレーカのすべての機能を組み合わせているため、短絡、過負荷電流、残留電流から保護できます。

管ヒューズと回路ブレーカの違いは何ですか?

管ヒューズは一度作動すると使えなくなるシンプルな装置ですが、回路ブレーカは、メーカーが指定した制限内で何度もリセットして再使用できます。