型番
電子部品、電源、コネクタ
電気、制御部品、ケーブル
機械製品、工具
IT、テスト、安全機器

サイリスタ

サイリスタは4層の半導体デバイスで、 シリコン制御整流器(SCR)とも呼ばれています。高速な静的スイッチに似ており、大量の電力の制御に最適で、 またDCモータの速度も制御できます。

サイリスタの動作

サイリスタは通常、アノード(プラス端子)、 カソード(マイナス端子)、ゲートという3つの電極で構成されています(2本又は4本のリードを備えたサイリスタもあります)。ゲートはメインの制御端子ですが、メインの電流はアノードとカソードの間を流れます。サイリスタは、N型材料とP型材料で構成されています。N型材料は、負の電荷を運ぶ電子の数を増やすために、元素を電子でドープすることによって形成されています。P型材料も、ドーピングによって生成されますが、 電荷を運ぶドープ電子は正に帯電します。P型材料とN型材料の層を交互に重ね合わせると、 半導体サイリスタデバイスが形成されます。サイリスタは、ラッチ回路を作成するために使用されます。サイリスタは、ゲートを使用してオンにすることができます。その後、アノードとカソードの間の電圧がゼロに戻るとオフになります。

サイリスタの種類

  • シリコン制御整流器(SCR) - SCRの基本的な目的は、少量又は大量の電力をオン / オフできるスイッチとして機能することです。
  • シリコン制御スイッチ(SCS) - シリコン制御スイッチ(SCS)は、SCRに似たデバイスですが、 正の電圧 / 入力電流パルスが追加の「アノードゲート」に印加されるとオフになるように設計されています。
  • トライアック - トライアックは、Triode for Alternating Current (交流用三極管)からその名を得ています。トライアックはSCRに似ていますが、双方向の導電性があります (双方向デバイス)。つまり、AC電流とDC電流を切り替えることができます。 これには、ファイヤリング回路コマンダーモジュールが必要です。
  • 4層ダイオード - 4層ダイオードは、2本のピンを備えており、電圧感知スイッチに似ています。2本のピン間の電圧がブレークダウン電圧を超えた場合はオンになり、 それ以外の場合はオフになります。
  • ダイアック - ダイアックは、「ダイオード」という語と「ACスイッチ」という語を混ぜ合わせた語です。4層ダイオードに似ていますが、双方向の導電性があるため、AC電流とDC電流のどちらも制御できます。

サイリスタの用途

サイリスタは、次のような用途で使用されています。

  • モータ速度制御
  • 圧力制御システム
  • 調光器
  • 液位調整弁

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数