拡大鏡

当社では、拡大機器シリーズで数百のアイテム及びアクセサリを提供しています。その中には、Luxo、ミツトヨ、Eschenbachなどの業界をリードするブランドに加え、高品質な自社ブランドRS PROの製品が含まれます。

拡大とは

拡大は、物体又は標本の見かけのサイズ(物理的なサイズではありません)を大きくするプロセスです。つまり、ルーペや顕微鏡など、拡大器具のレンズを通して見ると物体が大きく見えるということです。

拡大率は数値で計算され、倍数で測定されます。例えば、2x、4x、又は10xで測定できます。これは、対象物が2倍の大きさ、4倍の大きさ、又は10倍の大きさに拡大されることを示します。

拡大機器は、対象物を大きく見えるようにするだけでなく、見ることができる細部の量も増やします。これは、分解能と呼ばれます。拡大鏡は、人間の目で見ることができる細部の量を増やすことができるため、科学産業で最も広く使用されているツールの1つです。

拡大機器は計測器のカテゴリに分類され、コンポーネントを測定及び分析するためにさまざまな業界や用途で使用されています。次に例を示します。

  • 電子
  • 研究所
  • 材質及び粒子分析
  • 製造

拡大機器の重要性

あらゆる形式のテスト、測定、監視はきわめて重要で、これには拡大も含まれます。どのようなエラーでもコストがかかるため、正確な測定は不可欠です。したがって、信頼できる測定は、メーカーが時間とコストを節約し、製品の品質を向上させることができることにつながります。

拡大鏡のタイプ

当社では、さまざまな拡大機器を用意しています。これらはすべて、さまざまな用途や環境向けに設計されています。以下に、その一部を示します。

  • ヘッドルーペ – 両手を自由にしたまま、拡大鏡を通して見ることができます。
  • 顕微鏡 – これらのポータブルツールを使用すると、人間の目では小さすぎて見ることができない物体を、元のサイズの数百ないし数千倍に拡大して見ることができます。
  • 置き型ルーペ – 文字を読むために設計されており、この器具は、読み取る面に直接接触させて使用されます。
  • アクセサリ – スタンド、カメラ、照明など、拡大機器をサポート及び強化するように設計された補完的な製品が幅広く揃っています。