Cat6 LANケーブル ガイド

Cat6 LANケーブル(カテゴリ6ケーブル)とは?

LANやイーサネット (Ethernet) として知られるCat6 LANケーブルは、8芯の銅線を2本ずつよりをかけたツイストペアケーブル4対で構成され、通信速度は最大1ギガビット(1000メガビット)です。帯域幅の大きなCat6はオフィスネットワークなどの大容量ファイルの転送にも対応します。
Cat6 LANケーブルはイーサネット10BASE-T、100BASE-TX規格やギガビット規格との互換性に優れ、Cat5、Cat5e、Cat3に対しても下位互換性があります。
通常、ケーブルの先端は8P8C(8極8芯)のRJ45 モジュラジャックになっており、デバイスをCat6 LANケーブルで接続します。コネクタ差込口となるジャックは、Cat6のパフォーマンスを最大化できるよう、ケーブルと同等の通信速度に対応することが重要です。
ケーブルの識別は、シース部外装のラベルによって可能です。

Cat6 LANケーブルの用途

Cat6 LANケーブルは、通常、PCにハブ、ルータ、スイッチなどのデバイスを接続するのに使用され、ネットワークを介したファイルの共有やインターネットアクセスを実現します。
また、PC(パソコン)とプリンタやスキャナ、あるいは、LAN接続の入出力パッチパネルでも使用されます。

Cat6 LANケーブルの種類

Cat6 LANケーブルには下記2種類があります。
  • Cat6 LANケーブル:伝送周波数帯域250MHz、10GBASE-Tでは、シールドなしのケーブル長は、最大55m。
  • Cat6a LANケーブル: Cat6の拡張規格。伝送周波数帯域500MHz、10GBASE-Tのケーブル長は最大100m。

Cat5/Cat5eとCat6の違い

品質、通信速度、コストが違います。
ネットワークは通常、最も低い仕様のデバイスや部品に合わせた速度で通信されます。Cat6とCat5など、複数の規格が混在したネットワークの場合、より低い仕様の通信になります。
現在、Cat5 LANケーブルはあまり使用されず、Cat5eに移行されてきました。高品質なCat5e LANケーブル (”e”はenhancedの略で改良版の意)はギガビット同等の速度で機能し、Cat6では1ギガビットが保証されているため、Cat5に比べて通信速度が向上しています。Cat6は、周波数帯域最大250MHzですが、Cat5は100MHzまでしか機能しません。しかし、Cat5eはより経済的、かつ、同等通信速度が得られ、使用環境にあった色を豊富なカラーバリエーションから選ぶことも可能です。
相対的に機能面で優れるCat6ケーブルですが、購入を検討される場合は、そのコスト面と実際に認識できるレベルのパフォーマンス差が小さいことも含めて考慮し、使用環境にあった正しい規格を選びましょう。

シールドツイストペアケーブル(STP)と非シールドツイストペアケーブル(UTP)の違い

例えばケーブルをオフィスではなく工場で使用する場合、より多くの電波障害(Electromagnetic Interference:略称EMI)が存在します。このEMIは特定の照明や空調機器、印刷機、モータや発電機などによって生じます。
Cat6 LANケーブルは2本のツイストされたケーブルから構成されているため、基本的に干渉(クロストーク)を最小化し、電気的干渉によって発生するノイズを低減します。しかし、状況によってこれが不十分になる場合は、シールドツイストペア(STP)Cat6 LANケーブルで対応します。
シールドを施されたシールドツイストペアケーブル(STPケーブル)は通常、ツイストペアケーブルを金属膜で覆い、その上にPVCや低煙ゼロハロゲン(LSZH)から成る外部被覆によって保護されています。
一方、非シールドのツイストペアケーブル(UTPケーブル)Cat6は金属箔で覆われていない一般的なケーブルです。幾分EMIを低減しますが、STPケーブルほど電気干渉をブロックすることが出来ません。
STPケーブルは、高価で、硬いため、施工し難くなるのが難点です。使用するジャックや接続具のカプラもケーブル同様にシールドが施されている必要があり、更なるコストがかかります。

屋外用Cat6 LANケーブル(ウォータープルーフタイプ)

ウォータープルーフタイプを購入すれば、屋外でも利用することが可能です。防水性にするために追加の外部被覆が施されています。そのため、通常のケーブルよりもやや太くて硬く、それにより頑丈な作りになっていますが、最小曲げ半径が減少することも念頭に置いておく必要があるでしょう。

Cat6ストレートケーブルとクロスケーブルの違い

Cat6ストレートケーブルは、PCとハブやスイッチなどの異なる種類のデバイス間を接続する際に使用します。
一方でクロスケーブル(クロスオーバーケーブル)は同じタイプのデバイスを接続する際に使用します。(例:PC間の接続など)

Cat6のプレナムケーブル

プレナムケーブルは通常、空調用の配管内で使用されます。通常、建物内の上げ床の下や吊り天井の上部で利用され、耐火炎性や不燃性材料を持つ材料から構成されています。
一般的に、Cat6のプレナムケーブルの材料は、厳しい基準を満たさなければならないため、より高コストになり、標準のPVCケーブルよりも高価なものになってしまいます。

LANテスト装置とは?

Cat6のLANテスト装置(ケーブル試験装置)は、迅速なケーブルテストやイーサネット等のトラブルシューティングを実施します。複数のケーブルタイプをテストすることが可能で、ケーブルが正しく接続されているかを確認することが出来ます。商品によって、価格、性能、機能も様々です。

LANケーブル 関連商品